パチスロ・パチンコ総合情報WEB

MENU

パチンコ依存症について

結構前から言われていますがパチンコ依存症と言うものも増えてきているようです。

 

この依存症はどういったものなのかというと、文字通りになるのですがパチンコに熱中してしまい、周りが見えなくなるような症状の事を指します。

 

パチンコ屋が開店から閉店までずっと打っていて、中には借金などをしてまで打っている方もいるようです。せっかく貯めた貯金がパアになってしまうというケースもあるようです。

 

パチンコ依存症と言うと日々の生活がきちんとしていない人、といったイメージをもたれる人も多いと思いますが、パチンコ依存症と言うのは一種の病気になっているようで、この依存症は病院などできちんとした処置をしないと自分で立ち直るのは極めて難しいとされています。

 

ネットを見ているとホームページなどでも、パチンコ依存症から立ち直った人のブログと言うものは結構ありますし、いかに立ち直るのが難しく、そして苦しいのかと言うことが分かります。

 

パチンコは楽しいですが、無理なく自分の範囲内で楽しむのが一番です。もし打ちたいと思ったら今やパチンコゲームなどゲームがあるので利用してみましょう。